港北区で探偵事務所に配偶者の不倫の相談を行い行動調査を依頼して報告してくれます

MENU

港北区で探偵が不倫相談で調査の始まる環境と中身

不倫に関する調査を探偵事務所にサービス相談でお願いし、調査した内容を伝え見積り額を出してもらいます。

 

調査方式、査察内容かかる費用に許諾できましたら本契約を履行させていただきます。

 

契約を実際に結んだら調査が進めます。

 

密通リサーチは、通常1組が2人で行うのがほとんどです。

 

ただし、求めに応えて探偵の数を検討させていただくことはOKです。

 

我が事務所での調査では、リサーチの間に時々報告がまいります。

 

ので調べた内容の進捗度合いを常時とらえることが不可能ではないので、依頼者様は安心していただけます。

 

 

探偵事務所での不倫調査でのご契約の中では日数が決定されていますので、規定日数分の不倫の調査が終了しましたら、すべての内容とすべての結果をまとめました不倫調査報告書をあげます。

 

リサーチした結果報告書には、細かく調査の内容についてリポートされており、不倫の調査中に撮影された写真などが一緒に入っています。

 

不倫調査の後、裁判を来たすような時、これら不倫の調査結果の調査の内容や画像等は肝心な裏付けとなるでしょう。

 

調査を当事務所へ希望する狙い目としては、この肝心な明証を掴むことにあります。

 

仮に、調査結果の報告書で中身に満足のいかない時は、再度調査の頼むこともできます。

 

依頼された調査の結果報告書に承知して契約が完了したその時、これらで依頼された不倫調査はすべて終了となり、大切なリサーチに関するデータも当探偵事務所で責任を持って抹消します。

港北区で不倫調査は探偵事務所が決定的な証拠を審理に提出します

不倫のリサーチといえば、探偵事務所の事が想像されますね。

 

「探偵」というものは、相談者様の不倫調査依頼を受けて、ターゲットに関する聞き込みや、尾行、張り込みなどの方法により、ターゲットの住所、活動の確かな情報を寄せ集めることを業務としています。

 

当探偵の依頼は色々あり、特に多い依頼は不倫調査です。

 

不倫の調査は特別に多いのですね。

 

シークレット性が重要とされる探偵業務は不倫の調査には完璧といえるでしょうね。

 

探偵の事務所に不倫の調査依頼をしたら、プロフェッショナル特有の経験、技を使って、ご依頼者様が必要とされるデータを集めて教えてくれます。

 

 

不倫の調査のような調査業は、少し前まで興信所に申し出るのが決まりでしたが、以前と違って結婚相手の身元確認や会社の雇用調査等がほとんであり、一般的な探偵業のような裏で調査するのではなく、目的の人物に対して依頼を受けて興信所から来た調査員という事を伝えます。

 

しかも、興信所の者はほとんど丁寧に調査をしません。

 

知人へ聞き取り調査だけということもちょくちょくあるようです。

 

最近、不倫の調査依頼は、相手に気付かれないように身辺調査をしてもらいたいことが沢山いるので、探偵の方が興信所よりも向いていますね。

 

探偵会社にへ関する法は前は特になかったのですが、もめ事が発生したことから平成19年に探偵業の業務の適正化に関する法律が制定されました。

 

なので、きちんと届出を提出しなければ探偵と名乗ることができません。

 

これにより健全な探偵の業務がなされていますので、安全に不倫調査を頼むことが可能なのです。

 

不倫でお悩みの際はまず最初に我が探偵事務所にご相談してみることをお奨めしたいと思うんです。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

港北区で探偵に不倫を調べる依頼した時の金額はいくらかかる?

不倫調査に必要なのは探偵へ依頼ですが、入手するためには裏付等を施術に納得がいかなかった場合に、有効度で、コストは上昇する動向があります

 

もちろん、依頼する探偵事務所によっては料金が異なりますので、いくつかの探偵事務所があるならその事務所ごとにより値段は変わっているでしょう。

 

不倫調査でのケースは、行動調査といった探偵する人1人ずつ一定の調査料が課せられるのですが、調査員が増えていきますとそれだけ調査料金がそれだけ高くなります。

 

目標の調査には、尾行だけ、結果を伝えるだけの簡易的な調査と、予備調査、特殊な機材、証拠動画、報告書で報告する「基本調査」と二種類あります。

 

相手の行動を調査するのに手数料は、1hずつを単位と定められています。

 

契約した時間を過ぎても調査をする場合には、延長費用が別途かかってしまいます。

 

調査員1名にずつおよそ60分ずつの別途、料金がかかります。

 

 

あと、自動車を使った場合には車両を使用するための代金が必要になります。

 

必要な日数×台数あたりの費用で設定されています。

 

必要な乗り物種類によって必要な費用は変化いたします。

 

交通費やガソリンや消耗品等探偵調査に必要な諸経費等も別途、かかります。

 

あと、現地の状況になりますが、特殊な機材などを使用する場合もあり、そのために必要な別途、代金がかかってきます。

 

特別な機材の中には、暗くても見えるカメラや偽装カメラ、超小型カメラ、集音機、監視するためのモニター様々な機器が使用できます。

 

探偵の事務所ではそのような特殊機材を使用した非常に高い探偵調査力で様々な問題も解決に導くことができるのです。